So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

WordPressを仮想環境で(Nginx mysql) [Linux初心者]

◆wordpressをVirtualBoxで立ち上げ:Mint Nginx mysql PHP いわゆるLEMP
これも単にやってみようか的な。目的は‥もしかして最終的に静的コンテンツにしてAWSのS3に持っていけないかな、とか、ここに書きちらしている奴をそこに移行したらどうなるかな、とか。
多分やらないけど。おもしろければどうでもいい。
前置きはともかく。※カテゴリーが違うかも
参考サイト:
Ubuntu で Nginx + WordPress 環境を構築する方法 https://developerslife.xyz/ubuntu/
WordPress_のインストール http://wpdocs.osdn.jp/WordPress_のインストール
あたり。探せばずらずら(というほどでもないが)出てくる‥が、CentOSはどうもな‥。あと、ソフトのバージョンが合わない。

◆手順‥は、じつは簡単
では、順に。
VirtualBoxで使っている中ではメインのLinux Mintをクローンする。
ブリッジ接続にする。また、固定ipにする(ほうが、楽。192.168.1.190とか適当)。
sudo apt-get update
sudo apt-get install nginx php-fpm mysql-server php-mysql
するとわらわらっとメッセージが出てきて、mysqlのrootパスワードを要求されるので、「いつものやつ」を入れる。
次、Nginx。これはなかなか厄介。
cd /etc/nginx/sites-available/
ここにdefaultというファイルがあるので、ここを変更。
その1:rootディレクトリ
root /var/www/http; を
root /var/www/wordpress;
に変える。先生の言うとおりにする。別に変えなくてもいいのは明らかだが、こういうところでいろいろノウハウがあったりするから一応従う。
その2:初期表示サイトにindex.phpを追加。これ非常に大事
index index.html index.htm index.nginx-debian.html index.php;
その3:PHPのlocationを設定
location ~ \.php$ {
include snippets/fastcgi-php.conf;
#
# # With php7.0-cgi alone:
# fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
# # With php7.0-fpm:
fastcgi_pass unix:/run/php/php7.0-fpm.sock;
}
この、php7.0-fpmが非常にキモ。落としたPHPのバージョンによって違う。

長くなったので、つづきはあした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

再)Manjaro Linux 光と影(3) 4.14 USB HDDトラブル解消‥も。 [Linux初心者]

※お詫び:url作り直しました。
◆立ち上げごとに進化する/不具合を自己解決する??
まず初回。画面灰色。いつものデスクトップ画像にならず、最下段の、ええとなんていうのかな、ステータスバー?、と、メニュー選択アイコンが出てこない。
リスタートしてみる。コマンドプロンプトからreboot。
2回目。何事もなく立ち上がり、普段のデスクトップが表示。やれやれと思いきや、ネットワークが切断されて、どうもこうもならず。こういう時は心を落ち着かせて、リスタート。今回はメニューから可能。
3回目。無事立ち上がりネットワークも普通につながる。
そういうものなのか。じゃあGUIとネットワークの動作不良はカーネルアップデートのせいではないのか?。

で、さらにManjaro特有ともいえる現象。
立ち上げてしばらくの間(おおよそ5分くらいの間?)突然バタッと止まってハングしたようになる。タスクモニター見ていてもCPUやメモリーを食いまくる怪しいソフトは動いていない(ように見えるが)。ブラウザーも読み込みがガクッと遅くなる。あらら‥と思いつつしばらくすると落ち着く。
次の立ち上げでは何事もなく素早く立ち上がる。おおすごいさすが軽量Linux。
‥で、USBメモリーを抜き差ししたりすると、なんか元に戻って症状が再発する気がしてならない。

うーん、若いな。

◆やむなくいろいろ見様見真似でScs_2018-01-14_15-29-32.png
まず、swapを増やしてみる。Mintで立ち上げなおしてGpartedする。使っていない領域をswapにして(つまりswapは2つになる)、Manjaroで立ち上げ直し、/etc/fstabに追加。uuidはターミナルからblkidを叩いて調べる。mousepadというエディタはよくできているが、suモードにならないみたいなので、これもターミナルからsuして叩いて立ち上げてみた。なにか他にやり方あるのかも。
シャットダウンのときwatchdogがうんたらと言って引っかかるのは、/etc/systemd/system.confのDefaultTimeoutStopSecを書き換えてみた。それともuser.confにすべきなのかな。
あと、立ち上げのときのUpdateチェックを外すとか。なんか速くなった感が増した。scs_2018-01-14_15-43-23.png


◆USBドライブが見つからなくなる件
ManjaroでGparted動かすと、全ドライブのパーティションを読み直すときになぜかUSB接続のHDDを
「ありまへんな、とばしておきまっせ」
と処理してくれて、その後立ち上げとかマウントとかできなくなる。
これもほとんどよくわからないなりにやってみたのは
BIOS画面でUSB設定のXHCIを有効にする
・USB-HDDの電源入れ直し
これで認識。結果オーライ。それにしてもGPartedとGRUBはトラブル起因の双璧だな(当社比)。

あ、でもこれでなんかうまくいっている風。
しかし、そのうちに、世間を騒がしているMeltdown/Spectreに対応してまたカーネル上げないとならないのではなかろうか。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Manjaro Linux 光と影(2) GUIからはダメ? 追記あり [Linux初心者]

追記:sudo mhwd-kernel -i linux414
◆GUIからカーネルを上げてはいけないのか?
このあたり http://seesaawiki.jp/w/niloufar/d/Manjaro%20Linux%20Installation を読むと、そんな感じ。[
linux*-extramodules グループに含まれるモジュールは linux*-ndiswrapper を除いてインストールされません。とある。
ダメというより、関係するところ全部連動しないので別途アップデートしてくれって感じ?
(ただ、GUIとネットワークがおかしいのは本件と無関係のように、後々思えてきた:後述)

◆ではコマンドプロンプトからscs_2018-01-14_09-50-14.png
それならば、先達のやり方に従って、内容よくわからないがその通りにやってみる。
sudo mhwd-kernel -i linux414
もうこのへんは秘伝の呪文のようで、昔々のシャーマンや、いまの‥っとっと、やめておく。くわばらくわばら。
‥するとなにやら更新がわらわらと進行。
順調に終わる。特にスクリーンショット取るまでもなくスムース。
懸案のGRUBあたりもメッセージ見る限り、うまく認識している。そして再立ち上げ。今度は何気なくOS選択画面が(前の通り)出てきて、無事完了‥‥でもないぞ。

まだ続く。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Manjaro Linux 光と影(1) 4.14に上げると‥ [Linux初心者]

◆なんと2位に
定番サイトDistroWatch。Ubuntu界隈やCentOSの使い手scs_2018-01-13_22-46-42.pngからは疑惑の目を向けられていて、嫉妬羨望の渦巻くところであるが(冗談です)、今年からなんとManjaroがDebianを抜いて2位に躍り出ている。Manjaroってなんじゃろとか言っている場合ではない。年末ギリギリにDistribution Release: Manjaro Linux 17.1.0となっていて、ローリングリリースってなんだっけ、とにかく更新だ、って勢いなのだろうか。
バージョン上げると何かいいことあるのかな‥といくら「ソフトウェアの更新」をクリックしてもどうもならない。たとえローリングリリースであっても、カーネルは勝手に上げてくれない
それはそうか。そんなことするのはWindowsくらいか

◆カーネルのバージョンを上げる。そして失敗する。scs_2018-01-13_22-05-49.png
ではカーネルはどうやってバージョンアップするのか。Manjaroセッティングマネージャーに「カーネル」というアイコンがある。これがそれ。探さないと見つからない。クリックすると4.14を推奨してくる。これを入れればいい、さあインス‥‥ちょっと待った。
散々痛い目にあってきたので、一旦他のソフトをアップデートし、そこでWindowsに戻ってUSBメモリー全体をバックアップしておく。
で、Manjaroに戻り、カーネルの更新で4.14をクリック、再立ち上げ。
すると‥‥
見事にGRUBの選択画面からWindowsもMintも消えている。選択肢にない。GRUBが壊れると後がめんどくさいぞ。
おっと‥画面下部のバーが消えている。
あれ?ネットワークに繋がらない。
そんでもってGUIからシャットダウンできない。
しかたなく‥ターミナル立ち上げてコマンドプロンプトからreboot。

USBメモリー焼き直して再チャレンジでも同じ。

調べる。うーむ。GUIからカーネル上げたらだめなのかな?
ええ?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

軽いのはどれだ(6)Windows 10 Fall Creators Update [PC更新]

◆Windows 10 Fall Creators Update の嘘と真
どこにもそれらしきこと書いていないのだが‥と思ったが、ググると
岐阜 出張パソコン教室 Windows 10 Creators Update の確認すべき設定 http://xsa.jp/blog/page_105.html
いいお仕事をされている。
それはともかく、このUpdateをかけてからwinsh.PNG
電源入れて、User/Password入力画面になって、そこでログインしようとしている間に、裏でデスクトップ画面(とその他自動実行ソフト)を立ち上げる設定になっている
なので、パスワード入れ終わったら(その間も裏で処理が進んでいて)即デスクトップ画面になり、さらに自動起動ソフトが立ち上がっている(‥たぶん)ので、見かけ上速い。
で、電源入れて、User/Password入力画面になって、そこで電源offしようとすると、「強制終了になりまっせ旦那」、と注意される。
Fall Creators Updateで「高速スタートアップ」とやらを無許可でデフォルトセットして頂けたようですね。
どうするかな。一応軽い感じはするし。

他にもいろいろやっちゃってくれた項目は上記サイトを参考に適宜判断する。
ただ元に戻されて一番嫌なのが、前にも書いた「フォント」で、これはTatsu's villa on GitHubhttps://tatsu-syo.github.io/index.html
の、「Meiryo UIも大っきらい!! (No!! Meiryo UI)」で変えてしまうのが簡単。
‥でもこれらを半年に一回やるのか。さすがだな。
nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

軽いのはどれだ(5)Linux Mint Cinnamon改善 [Linux初心者]

◆こんどはMint Cinnamon
‥その前に。この前のメモで、manjaro30秒と書いたが、リスタート指示からGRUB経由で時間を測っていてそうなったが、普通に電源onからGRUBだと約45秒というところ。何が違うのかわからんが。
同じく、Mint Xfce版も、リスタートからだと20秒、電源オンからGRUBだと35秒くらいと、手元の砂時計で測定している。
‥それでは遅いCinnamonリベンジ。やりかたはmanjaroと同じ。
ちなみに起動時間を調べるにはsnapshot1.png
systemd-analyze
または
systemd-analyze blame
が楽しい。でも見た感じこれ以上どうもならない。
見てもお分かりのように、これにFirefoxやらメニューやらの立ち上げ時間を加えて、Mint Cinnamonはだいたい1分10秒くらい。約半分になったぞ。
これは許容範囲かも。
‥なんかいままでやってきていて、1分前後が「まあまあ」/「遅い」のさかいめの気がしてきている。

◆それでもって、結果、それぞれ最遅タイムで。
GRUBの選択から、ジョルダンライブの画面が一瞬でも出てくるまでで、
・Windows10 64bit HDD 2分と10秒くらい
・Linux Mint Cinnamon 64bit HDD 1分と10秒くらい
・Linux Manjaro Xfce 64bit USB 45秒くらい
・Linux Mint Xfce 64bit USB 35秒くらい

Manjaroはなぜlvm2-monitor.serviceに時間がかかるのだろう。
止めてみようか。

◆Windows 10 Fall Creators Update の嘘と真
‥これは次回。






nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

軽いのはどれだ(4)Linux manjaro改善 [Linux初心者]

◆前よりも遅いのはなぜ?
よくわからないで書いているのを承知であえて書くが、ManjaroはMintと比較して動きにムラがある。ブレる‥というか、始まり方、終わり方も毎回様子が変わるし、たまに起動後ネットワークにつながらなかったりする。
それにしたって、前は1分くらいだったのにいま立ち上げると2分とか、時間かかりすぎ、と思ってログ(ってどこだっけかな)をみると、dev-disk-by ほにゃららがエラーになっている
先達に助けを請うためにググる。なるほど、fstabで指定されたUUIDがおかしいと。そういえばUSB接続のHDDの電源を切っている。そこにもswap領域があった気がする。ただ、そこを指定した覚えは全くない‥。
sudo blkid すると、こんな感じ-->
DeepinScreenshot_select-area_20180104222028.png
◆改善、すると
これと、/etc/fstabを比較して違っているところをコメントアウト(画像では一番上の行のUUID)。DeepinScreenshot_select-area_20180104222225.png

あと、もう一つ。毎回毎回毎回‥更新チェックに行かなくてもいいような。いくらローリングアップデートだとしても。これはメニューからたどっていける。‥たぶんここ。upd.PNG

これでテスト。結果は…GRUB画面からFirefoxまで30秒ちょっと。いい感じ。


nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

軽いのはどれだ(3改)Linux リトライ [Linux初心者]

1/13改 やはり無茶なところを取り消し線

◆いくらなんでも違いすぎ
Mint Xfce版のメチャ速さ@当社比:20秒に比べてMint Cinnamonの2分以上はあまりにも違いすぎ。
それに加えて、軽いと評判のmanjaroの1分も、なにか違う。
まずmanjaroから設定を見なおして測定する。
ひょっとして、USBメモリー媒体の違いが原因かも。JetFlashでやり直してみる。
愛用の、これ。なお、アフィリエイトついてます。
Transcend 32GB JetFlash 700 USB 3.0 Flash Drive (TS32GJF700)

Transcend 32GB JetFlash 700 USB 3.0 Flash Drive (TS32GJF700)

  • 出版社/メーカー: Transcend
  • メディア: おもちゃ&ホビー

◆USBメモリーは壊れる。あっさり壊れる。
余談だが、特にLinuxで使っていると、USBメモリーはあっさり壊れる。Transcendの場合、リカバリーソフトがあって、これで助かる場合が多いが、ドライブ自体を認識しないとどうにもならない。PC本体に電源が入っている時に決して抜き差ししてはならない。グラグラしている差込口を(他のUSB機器であっても)使ってはならない。自戒。

◆manjaroのインストール‥はしなくて良い
イメージバックアップを取っていたので、それを書き込めば良い。特にmanjaroは、前回、セットアップに苦労したので、あんなことをもう一度やりたくない。さてバックアップはどこかでも書いたが、USB Image Toolがすごく便利。同じ種類の媒体でなくてもコピーしてくれる‥ほとんどの場合。設定をちゃんとしておかないと後ろの方、切れちゃうかもしれないけど、どうせswap領域なので。
1/13これは嘘というか危なすぎる。小->大は可能:今回はこのケース:だが、大->小は確率が低い。落とすときにあらかじめGparted(って書いてある)。
FAQ参照のこと。
ただしWindows専用。Linux環境でも似たようなソフトはあるはずだけど:というか書き込む方はもとからある。
実行して、あっさり完成。

◆しかしとんでもなく遅い‥
立ち上がりにエラーチェックが入ってタイムアウトまで延々待たされる事象発生。
(長くなったので、次回に続く)

nice!(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

軽いのはどれだ(2)Linux / Windows10 [Linux初心者]

(1/5 多少文字訂正)
前回の続き:結局?
立ち上げスピード(Firefoxでジョルダンライブが表示されるまで)復習
・Win10:2分10秒くらい
・Linux Mint 18.3 Cinnamon HDD:2分とちょっと
・Linux Mint 18.2 Cinnamon USB:2分とちょっと
Manjaro xfce-17.0.6 USB:1分とちょっと
だったけど、Mintには他のエディションもある。Cinnamonは最も豪華といわれているので、じゃあ軽いので試してみる。
まずはLMDE版。これはUbuntuではなくDebianが大元になっているとのこと。
よくわからない。

◆Debian版:難攻不落debian.png
LMDE2版はどうも、Ubuntu不信派御用達のようで(?)それなりの支持がありそう。
いつもの通り、インストール用DVDをDND-RWに焼く。これで立ち上げ。
初めだけ英語Desktopで、インストールも最初英語であるほかは特に難しくない。ただ、画面右上に、「今オープンソフトのディスプレイドライバーつかってまっせ(意訳)」と出て、普通ならMintのメニューにある「ドライバー」アイコンが見当たらない。まあ良しとして、USBメモリーにインストール。
立ち上げ。は、速い。1分かかっていないぞ。
しかし、「Cinnamonがクラッシュしました」とでる。互換モードで普通に使えるといえば、使えるのだが、なんとなく気分が悪い。

◆宗教戦争(以下勝手なことを言う)
Debianは開発者寄り、Ubuntuはユーザー、というか若干商業寄りってことですかね先生。「お互い刺激しあい高め合う存在」という感じです。Debian派だと、そんなんわからんのか自分で調べろ、がUbuntu派だと丁寧に教えてくれそう。でも寄付ちょうだいね、みたいな。
で、Mintはさらに都会派で、偏屈なコミュニティ、ええかっこしいとは一線を引く感じ。そのぶんサポートが薄いというか、日本語サイトもなくなったし。
もっともMintだとインストールしたあと普通は(日本人には)かな漢字の設定のところで戸惑うくらい。Win10より簡単(は言い過ぎ‥でもないような)。”mint 日本語”でググる知恵があればサポートページは不要。

◆断念、そしてXfce版へ
いろいろ調べたがNvidia製ドライバーが入らない。下手に入れるとクラッシュする(ので再インストールする羽目に)。参考サイトはそれこそググれば
ここ
http://d.hatena.ne.jp/talisker_ZQN/20150518/1431963729
と、ここ
https://sites.google.com/site/hymd3a/linux/debian8-5/debian-nvidia
とかいろいろあるが、なんかそれやってまでLMDE使うモチベーションがわかないのと、Debianベースだとppaが使えないっていうのも引っかかるので、楽な道に行く。そう、Ubuntuベースのxfce版。

◆xfce版‥xfce.png
ついでにいえば、KDE版というのもあるそうだが、今回で打ち止めとのこと。
https://news.mynavi.jp/article/20171029-a036/
で、xfce版インストール。手順は従来Mintと同じ。ただしかな漢字の設定も同じなので自力でセットする必要がある↓
・fcitx-config-gtk
・Mozc-utils-gui
のと、gpartedが入ってないのでこれも入れる。
またgrub-customizerは例の通りターミナルから手動で入れる。↓
sudo add-apt-repository ppa:danielrichter2007/grub-customizer
sudo apt-get update && sudo apt-get install grub-customizer
あとなんかあったかな。

で、お待ちかねの立ち上げスピードは‥なんと
・Linux Mint 18.3 xfce USB:20秒とちょっと

は、速い。

nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

軽いのはどれだ(嘘)Linux / Windows10 [Linux初心者]

◆そもそも「軽い」って何だ?
Linuxは「軽い」というが、何をもって軽いと言っているのか?という疑問。
  • スペック的に劣っていても使えます、というのも、もはや旧型PCのWin→Linuxという用途が途絶しかかっていてはいまいち売り文句にならない。が、いちおうそれは正しい(はず)。体感しないけど。

  • 同じスペックなら処理が速いです、は嘘が多い。大概のソフト/ドライバーはWinに最適化しないと商売にならない(はず)。

  • ‥じゃあ、何が体感的に軽いと感じるか。というと。さあ使おうとしてからどのくらいで実用に供されるか。が大きい。
    ‥結局スマホには逆立ちしたってかなわんだろうと思いきや、アプリならともかく、ブラウザ用途だとそうでもない。

    ◆立ち上がるまでの時間
    厳密に調べる気はないので、電子ストップウォッチで超適当、スタートはGRUB2の選択画面から、エンドは「自動立ち上げ設定」してあるFirefoxのジョルダンライブが立ち上がるまで、とした。で、結果は‥
    ・Win10:2分10秒くらい
    ・Linux Mint 18.3 Cinnamon HDD:2分とちょっと
    ・Linux Mint 18.2 Cinnamon USB:2分とちょっと

    おっと。そうかもしれないと思っていたが、ほとんど同じとは。
    で‥衝撃の結果、
    ・Manjaro xfce-17.0.6 USB:1分とちょっと

    おお。これは軽い。これを求めていた。
    じゃあ次は、LinuxMintのxfce版ですか。
    nice!(0) 
    共通テーマ:パソコン・インターネット
    前の10件 | -