So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ベンチマーク:Linux 速いのはどれだ?Mint Zorin Ubiuntu Bean(追記アリ) [Linux初心者]

◆調子に乗ってディストリビューション比較
とはいえ、いまセットアップしている仮想環境のみ。いちいち丁寧にやっていられない。vboxbench.PNG
なので、条件は全然違う。
Zorinはメモリー3G。Beanは2G。Ubuntuは8GだけどOpenStackが動いている。Mintは前回のデータ(4G)
また、Beanだけ32bitで、メモリーは測定できず。
Ubuntuは16.4なのでZorinやMintより一世代古い。
で、結果。
右の表のようになった。 一見して、MintとZorinはよく似ている。
Ubuntuは全体的にもっさりしている。
VirtualBox起動のものは、全体的にmax値が高く、「突然飛び抜けて遅くなる」感じ。

◆当てにならない‥のはわかっていつつ
なんとなく実感に沿っていておもしろい。
Ubuntuの最新版入れてみる必要はあるが、MintまたはZorinが人気なのももっとも。
Beanは普段使いで問題ない。仕事で使うのでなければ&ゴリゴリの処理をしなければ。立ち上がりとシャットダウンが速い。ちなみにいまBeanで書いている。
MintとZorinは結局緑が好きか青が好きかという感じか。vboxbench2.PNG

◆追記、追試
いやいくらなんでもUbuntuの名誉もあるし、あるいはUbuntu族の沽券にかけて(私は属していないが)17.04に上げて再テスト。中身プレーン。というかOpenStack走らせたままテストというのはさすがにいかがなものか。
で、結果。
ほぼMint、Zorinとおなじ。妥当。ただ早計にものは言えないが、ここんとこあたりのバージョンはとっとと上げたほうが良さそう。
あとはcentosでやってみるかだが、また今度だな。
nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ベンチマーク:Linux 速いのはどれだ?HDD/USB/仮想 [Linux初心者]

◆どれが速いか実験
Linuxは軽い!なんて言われるが、実際そんな感じはない。確かに旧XP機でも動く、というのはそれはそうで、いまだとLinuxしか選択肢はないが、それは過去XPでもほぼ快適に動いていたわけであって。
Mintだとメモリー4Gは欲しいし、普通8G積んでいるPCで重い軽い言ったところで処理速度的には大差ない、というか動画編集なんかだとWin10のほうが若干速い。
ということで(?)HDDにインストールしたMint、USBメモリーにインストールしたMint、仮想Vbox上のMintとどれがどう速いかの実験。

◆テスト実施‥驚くべき結果が
ベンチマークソフトは手軽に手に入るsysbenchを使用benchlinux.PNG
https://mag.osdn.jp/14/05/22/085000/2
他にUnixBench、geekbenchというのがある(らしい)が手間がめんどくさい。
sysbenchを落として登録。実行はコマンドラインから。
CPU、Memory、シーケンシャルWrite、ランダムWriteの4種を実験。
読む方も実験すべきかもしれないがどれだったかのケースでツールが死んだ。
驚くべき結果はこちら→
CPUやメモリー速度でHDD起動が速いのは予想の範囲内。でもUSBメモリー立ち上げも大差ない。書き込みになると、特にランダム書き込みだとUSBメモリー起動のときが極端に遅い。それもずっと遅いのではなく、特定のツボを突くとピタッと止まるみたいな遅さ。実験中、ハングしたかと思って何度か止めた。
一方、ずっと劣勢だったVirtualBox仮想環境立ち上げMintは、書き込みになった途端、突然ケタ違いの速さ
一体これは何なんだろう。
シーケンシャル書き込みは特に2桁違う。
ここで言えることは‥
(1) USBメモリー立ち上げの場合、(読み)書きの多い処理は厳禁。
(2) 逆に、書き込みの多い処理は、圧倒的に速い仮想環境で。
まあ、適材適所ってことですかね。ありふれた感想。


nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Linux Mint 再び:マルチブート [Linux初心者]

◆USBメモリー壊れるの巻
大方の人は安心しきっているがUSBメモリーは壊れる。本体そのものを抜き差しして壊れるならまだ納得がいくが、別のUSBメモリー機器の影響でも壊れる。
フォーマットも出来ない。
幸いなことに、JetFlashの場合、オンラインリカバリーが可能。これは役に立つ。ここにある。
https://jp.transcend-info.com/Support/Software-3/
で、USB Image Toolで過去にバックアップしたイメージをかぶせればよい‥。

◆そんなこんなで作り直し
Linux Mint 18.2を入れていたが、入れなおしてみると今度はハード的にではなくソフト的におかしい気がしたので、まあいいやと思いオンラインリカバリー後、最初から入れなおし。あと、grubの設定もゼロからやり直し。
実はというか、使っていないHDDにMint18.2を入れてある。使ってないけど。
Mint(HDD)とWin(HDD)とMint(USB)の立ち上げがゴチャついているので、USB立ち上げではUSBメインで動いて選択肢としてMint(HDD)Win(HDD)立ち上げにしたい。USBメモリーを外したら素直にWinだけ立ち上がって欲しい。
‥このあたり真面目に説明してもしょうがないのだが、どれかが壊れると有り難みがわかる仕組み。

◆手順‥の前に
WinのMBRをキレイにする。これはちょっと危ない。リカバリーCDで立ち上げてコマンドプロンプトにして
>bootrec /fixmbr
でおしまい。注:環境による。ミスると結構痛い。このコマンドの前に bootrec /fixboot が必要なこともあり。
MintをUSBにインストールする。まずMintをDVD-RWかなんかに焼く。
Linux Mint 18.2 "Sonya" - Cinnamon (64-bit)が今のところ最新だが、日本サイトは更新が止まっていないか? で、もうひとつの日本語化支援サイトは(あえてリンクしないが)アラビア文字になっている。
もしかして、Mintはオワコン?いやdistrowatchでは堂々一位なのだが。
Mint18.1でも簡単に18.2に上がるのでどちらでもいいかも。
USBメモリーには全チャラで上書きすることになる。パーティションでswap領域は多分いらない。で、ここも言わずもがなの注意だが、間違えてHDDをアサインするとそれが全チャラになってかなり痛い。
あとは普通に入れて、再起動する。BIOSでUSBメモリー優先立ち上げにしないとめんどくさい。

◆Mintの設定メモ
メニュー「設定」etc.から、スクリーンセーバー起動時間、デスクトップの背景、ロックが掛からないようにするとか、使い勝手をまず直す。ファイル方面には触らないでおいて、コマンドプロンプトから
LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
を叩いてフォルダー名を英語にする。これはあとあと大事。
「ドライバー」からソフトウェアレンダリング→nvidiaに変更
ここで再起動。
ソフトを最新版にする。アップデートマネージャーにて。
FireFox pluginを入れてセキュリティ確保。どこかで書いたけど
>RequestPolicy
>HTTP Everywhere
>ADBlock Plus は必須。
次、ようやく日本語環境。
>fcitx-config-gtk
>mozc-utils-gui
をインストール。
プリンター電源を入れた後、プリンターを探す、で見つけ出して登録。無線LAN対応に限った話だが。
あとはお役立ちUTILITY
>gparted これはオプション
>grub customizer
これは必須かも。普通では出てこないので「ソフトウェアの管理」にppaを追加する。
ppa:danielrichter2007/grub-customizer
これで普通に見つけてきてくれる。
grub customizerを使って、立ち上げのデフォルト(当家の場合Windows10)と待ち時間(同 2秒)を設定。

これで一応おしまい。








nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

【Linuxメモ】Zorinって? (2)インストールして設定する [Linux初心者]

◆インストール
ubuntu系インストールで、別に取り立てていうこともない。
Zorinは12.2Core64bitでいいと思う。でも苦労してLiteにしたい人はしてもいいと思う。あえて止めだてはしない。
メモリー3G、CPU2つで普通に動くが、メモリーもCPUももっと多くても少なくてもいい。このへんは仮想環境の強み。
こじんまりとした画面で立ち上がる。640x480か?これではどうにもならない
以下、やったことリスト。

・まず画面サイズを大きくする。1280x960とか。これが第一。
・省電力設定を変える。いちいち黒くなられても困る。Screenshot from 2017-10-03 17-02-45.png
・背景を変える(お好み)
・自動画面ロックを外す。めんどくさいだけ。キャプチャ1.PNG
・「ソフトウェア」からOSの更新
・guest additions CDをインストール。Coreの場合、マウントすると実行しますか?と聞いてくる。
このまま更新すればよい。
・ここで再起動。

・フォルダー名を英語に。
LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
・software Updaterを叩いてみる。多分なにも更新されない。

・Firefoxを設定。なんだかFlashがまともに動くぞ。
・fcitxを入れる。
・ここで再起動。かな漢字ツールを入れた時は再起動しないとひどい目に合う。

・「地域と言語」からfcitx-mozc →
・ここでも再起動したほうがよさげ

・システムツールのmozcの設定で、キー設定をATOKに(おこのみ)キャプチャ3.PNG
・fcitxで1バイト/2バイト 切替キーをお好みで変更。→
私はこんな感じ。あと、変換キーを押したら確定して欲しいのだがどうすればいいんだろうか。
・共有フォルダーのユーザーvboxsfに加入
sudo gpasswd --add {ユーザ名} vboxsf
なんなんだろうなこれ。このくらいやってくれないのかな。
・ここでも再起動

だいたいこれでいいのでは。あとはお好みで
・VLCのインストール
・anthyとかの削除
くらい。
主流の一角だけあって、面倒なのは日本語環境と、仮想環境ならではのホストPCとの共有設定程度。
タグ:linux PC zorin
nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

【Linuxメモ】Zorinって? (1) [Linux初心者]

◆「オススメディストリビューション」
で、検索するとZorinは必ず出てくる。Ver.12からはいままでの路線とはちょっと違うとのこと。Win10とかandroidっぽい??
WinXPっぽさをウリにしていくと、ニッチの隅にどんどん追いやられて行く感もあり、妥当な方針だと思う。というかXP置き換え需要って言っても、ハードがそろそろ壊れてきそうだし、mailと調べ物程度だとスマートフォン使えばいい話。
Win7PCはそこそこのスペックを持っているだろうから、HDD直にインストールするならそこまで軽量化を追求することもなさそう。
いや、VirtualBox上でなければの話。

◆Zorinの立ち位置スクリーンショット_2017-10-02_22-31-27.png
まあ市場的に言って、Win7のPCを置き換えるOSなんだろうが、Win7はたしか無償で10に上げられたはず。だとするとVistaあたり?ちょっと微妙だ。DistroWatchではこんな感じ→
で10位。これも微妙。ubuntuはなんとなくちょっと嫌だけどMintはミーハーだし、って感じ?
積極的に選ぶ理由がやや乏しい(個人の感想です)。

◆個人向け2バージョン
機能が多いCore版と、軽いLite版がある。用途から言ってLiteだろうと思いきや、日本人的には結局かな漢字変換をセットしたり動画だのなんだかんだ足していく手間がめんどくさい。構わずCoreでいい気がする。
‥というのは、Liteを入れてめんどくさかったから。いまこれはLiteで書いている。
Vistaやら7やらを積んでいたPCはそれほどスペックはひどくないはず(Vistaが遅いのはOSのせい)。上述したように、XPのPCはもうじき壊れる。なのでLiteにしなきゃダメというのはまあ趣味のサルベージの世界になりつつあるのでは?もっとも、Liteでも一旦セットしたらそれでおしまいという話でもある。
軽いバージョン≒初心者向けバージョンではない。かえってそれなりの面倒さがあるわけで。
タグ:linux PC 軽量 zorin
nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

【Linuxメモ】再びLinuxBean (追記2) [Linux初心者]

◆VirtualBoxでLinux
LIVE-DVDで立ち上げるのも悪くないし、USBメモリ立ち上げも簡便。でも「軽量」の利点でLinuxBean+VirtualBoxも悪くないはず。なんにせよ、すぐWindowsに戻れるし並行作業もできる。
マルチタスクなOSでいう話ではないが。
入れ方は簡単。過去ログのこことここを自己参照する。
http://okiba.blog.so-net.ne.jp/2016-02-22
http://okiba.blog.so-net.ne.jp/2016-02-23
いまだと、linuxBean 14.04.4 2016-04-15版が安心。
そこにも書いたが、あれもないこれもない、というなら別のディストリビューションにしたほうが簡単。LibreとVLCとFirefoxがあればいいや、的に使うべき。

◆そうはいっても手を入れるところ。
フォルダーの英語化はBeanに限ると、やめておいたほうがいい
日本語辞書はMozcにしたほうがいいような気がする。あと、画面のサイズはお好みで大きくしておく。入れるのはFireFoxとVLC、GIMP、他は‥
他は特になにもしなくていいんじゃないかな。Flashも近年下火だし。
ただ、Windowsとクリップボード、D&Dの共有に悩んだ。cd.png
VirtualBoxの「デバイス」ー「Guest Additions CD イメージの挿入」をクリックしたあと、どうすればAutoで読み込んでくれるのかわからなかったので(え?)、
mount -r /dev/cdrom /media
cd /media
sh ./VBoxLinuxAdditions.run
で組み込む(root権限が必要)。
これで再起動すれば、/mediaにフォルダーができるのでコピペが相互にできるはず。

◆便利、不便
VirtualBox起動の利点で、Shutdownしないでおいて、「仮想マシンの状態を保存」で、そのまま続きから始められる。これは便利。ubuntu14.04だと2019/04がサポート期限なのでまだまだOK。cpu2.png
ただし時計がそこで止まってしまうので、どうにかしないとダメなケースあり。
あと、クローンを作っておくと簡単にバックアップができる。これも便利。
2Gのメモリー、40G程度の仮想HDDでCPU2個ぐらいあればいいので、本尊のWin側と相互にほとんど影響しない。このへんMintなんかだと(64bitだし、)なんとなく最低でも4Gくらい用意したくなる。
不便な点、は「重い処理はしない」前提なら特にない。メニューがWinぽくないので戸惑う程度。
まあ‥そうだな、あとあえて言えば、そこはかとなく作者が放置気味な感じがするくらい。
そのあたりだと動画のH.265がバージョンの都合で(多分)ダメ。
(追記)libavcodecが古いので、Twitterで動画が動かない。そういうのはちらほらある。

正直言って、このあとZorinのことを書こうと思っていて、サブとしてそちらを使っていこうかとも思っていたのだが、なんだかBeanのほうがいいや。この駄文もBeanで書いている。隣で重たい動画キャプチャ中。負荷的にはどうということなし。

(追記10/1)
IBusだとどうも動きが変なので、Fcitxを入れる。SynapticからFcitxと叩いてインストール。ご丁寧に入力メソッド切替器なんてものも元々ついていて素晴らしい。さらにいえばついでにAnthyも削除しちゃってみる。なにかあったら戻れるようにクローン作っておく。仮想環境って便利だ。今のところ普通に快適。
Fcitxは動かないな‥。IBus-Mozcに変更。
nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

【趣味の仮想環境】OpenStack 三たび:うまくいくNewton版(2) [仮想環境]

◆release-openstack-newton‥Ocataとどこが違うのか不明
というか、ダッシュボードでNWまわりが違う。
SSHをつなぎなおして、

yum install -y centos-release-openstack-newton
yum update -y
yum install -y openstack-packstack

がちゃがちゃ表示される。
次はans.txtの落とし込み。

packstack --gen-answer-file=ans.txt \
--default-password=vmpass \
--os-heat-install=y \
--ntp-servers=ntp.nict.jp \
--os-neutron-ovs-bridge-mappings=ext-net:br-ex \
--os-neutron-ovs-bridge-interfaces=br-ex:enp0s3

えっと、これではCONFIG_CINDER_VOLUMES_SIZE=20Gなので適当にviでans.txtを変える。
もちろん、好きなサービスを入れてもいいが
CONFIG_MANILA_INSTALL=yはダメ、のはず
CONFIG_HORIZON_SSL=yはダメというかめんどくさい。
DEMOはいれておいて大丈夫。なぜだ。

packstack --answer-file=ans.txt

で、しばし待たれよ。

◆デモ用NWを削除、新NWを登録
http://192.168.1.159 で画面から消してもいいけど、せっかく教科書が書いていてくれるので、コマンドラインから一気に設定。SSHにコピペ。

source /root/keystonerc_admin
neutron router-gateway-clear router1
neutron router-interface-delete router1 private_subnet
openstack router delete router1
openstack network delete private
openstack network delete public
openstack network create public --external
openstack subnet create public_subnet \
--subnet-range 192.168.1.0/24 \
--allocation-pool start=192.168.1.162,end=192.168.1.180 \
--gateway 192.168.1.1 \
--no-dhcp \
--network public

source /root/keystonerc_demo
openstack network create private
openstack subnet create private_subnet \
--subnet-range 10.0.0.0/24 \
--allocation-pool start=10.0.0.2,end=10.0.0.254 \
--gateway 10.0.0.1 \
--network private
openstack router create router1
neutron router-gateway-set router1 public
neutron router-interface-add router1 private_subnet

あとはいつもと同じなので省略だよ!
というか、今まで何だったんだろう、他のサイトの紹介記事は何なんだろう、というくらい簡単。

demoユーザーでもadminでもいい。adminの場合、上のprivateは使えないので、自分で192.168.2.0/24あたりでも何でもいいから作る。
CentOSのイメージ入れるならadminからでないとダメ。
そうそう、あと書いておかないとダメなのは、カスタマイズ・スクリプトのところ、
#cloud-config
password: vmpass
chpasswd: { expire: False }
ssh_pwauth: True
だけど、これは何度か立ち上げたり落としたり、しばらく待たないと効き目が表れないceping.PNGceping2.PNG
localhostとか、host-ほにゃららの間はダメ。
なんだろうな、こういうの。

なお右の画像は、上のほうがOpenStackのインスタンスから外にpingした例。下のほうはWindowsからSSHでつないだ例。うまくいっている証拠として一応。
nice!(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

【趣味の仮想環境】OpenStack 三たび:うまくいくNewton版 [仮想環境]

◆おもいつきでVersionを落とす:Newton
ひょっとして、Ocataだからうまくいかないのかも。そうに違いない。
何の根拠もないが、Devstackやらkollaやらをやってみると、うまくいかないVersionの組み合わせがあるに違いないとうすうす感じる。Ocataでpackstackはダメなのかも(注:ダメとは言っていない)
なので、「OpenStack Newton環境の構築(Packstack使用)」 http://qiita.com/lychee3/items/e8882a4e98d1f7aeda23
に、基本的に従ってみる。

◆設定メモ1
CentOSは指示に従ってCPUは2つ、メモリー8G以上、HDD200G(は多すぎ)、
NWはブリッジ接続、プロミスキャスモードは「すべて許可」、
VerはCentOS-7-x86_64-DVD-1611.iso
で、インストール。
インストール時に、NWを編集する。
「この接続が利用可能になったときは自動的に接続する」
IP固定:192.168.1.159、ネットマスクは24 GWを192.168.1.1、DNSはいらないかもしれないけど8.8.8.8
HDDは面倒だから/homeを削除。容量をrootに振る。ここはオリジナル(?)。
SECURITY POLICYは解除。
ユーザー作成、rootパスワード設定。どうせ全部centos。

◆設定メモ2
立ち上がると、ブリッジ接続なのでWindowsのPowerShellからSSHできる。kankyou.PNG
Windows版OpenSSHはこちら。
https://github.com/PowerShell/Win32-OpenSSH/releases
解凍してPATHを通す。環境変数に書き足す。
なぜSSHでつなぐのか‥。しばらくわからなかったけど(あほか)、要はWindowsだとCopy&Pasteで行けちゃうってこと。

◆設定メモ3
これをコピペ。その後SSHでつなぎなおし
yum -y install ntp
systemctl start ntpd
systemctl enable ntpd
systemctl disable firewalld
systemctl stop firewalld
systemctl disable NetworkManager
systemctl stop NetworkManager
systemctl enable network
systemctl start network
setenforce 0
echo "LANG=en_US.utf-8" > /etc/environment
echo "LC_ALL=en_US.utf-8" >> /etc/environment
reboot

(続く)
nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

【趣味の仮想環境】OpenStack 再び:Devstack(3) [仮想環境]

◆DevStackは評価用
「top画面が表示されました」的な終わり方をする開設サイトは怪しい、インスタンス立ち上げて、sshでつないで最後までやったんか?と前に書いた。DevStackもそれが多く、最後の最後で参考にならない。
そういうのに限って延々とLog貼ってあったり、設定を全コピーしてあったり。
あと、バージョン違いで差が大きい。rejoin-stack.shなんてものはもうない。
そして、評価用なので、再起動すると壊れる。このことを書いてあるサイトは少ない。
ただし、Devstack はホストOSの再起動後に自動的に OpenStack 環境が実行されません。あくまで開発用の環境を何度もインストールする為のツールと考えて下さい。https://openstack.jp/how_to_deploy

◆再起動用
stack.shだと初めからやりなおし。それでは毎度毎度時間がかかってやってられないので、
local.confに
OFFLINE=True
を入れておく。これで少なくとも落とし直しがなくなって速い。でもOpenStack上で定義したインスタンスetcは全チャラ。
それでは堪らないので、シャットダウンしないで、VirtualBoxを「保存」にして落とす。

しかし、これで何をどう評価するのか。動きました!ってだけ。

次いこう次、こんどはNewtonにバージョン落とす編。
nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

【趣味の仮想環境】OpenStack 再び:Devstack(2) [仮想環境]

◆あとは普通のOpenStack
publicNWは、すでにもうあるので、これを使うことに。
privateNWを、IPはなんでもいいので作る。192.168.2.0/24とか。IPの範囲は192.168.2.2,192.168.2.254とか。
で、ルーターを定義して、結合。こことか、それ以降はpackstackのときとおなじ。
一応書いておくと、
セキュリティグループにallTCPとICMPを、受信送信ともなんでもOKで設定。
キーペアは、前に作っているやつの.pubをなんでもコピペ。PCのダウンロードフォルダーか、C:\Users\<ユーザー>\.sshにある。
FloatingIPも用意しておく。
カスタマイズスクリプトは
#cloud-config
password: vmpass
chpasswd: { expire: False }
ssh_pwauth: True
と、いつものやつ。これで少なくとも立ち上がるはず‥とおもいきや、容量が足らずCentOSが動かない

◆CirrOSというもの
そんなはずはないのだが‥。だが、とりあえず備え付けのCirrOSでやってみる。これはかなり小さい。こちらはあっさり動く。

cirros_ub.pngdevstping.PNGcirros2_2.PNG動いたら、あらかじめ用意していたFloatingIPをセット。すると、なんとubuntuのサイドバーにcirrosのフォルダーが、3つも‥3つある必要はないのだが。
で、ssh接続も可能。ssh cirros@、パスワードはデフォルトでcubswin:) この:)が日本語キーボードには天敵。 ではWindowsのPowerShellから、sshが届くか?と思ったがうまくいかない。user/passwordが通らない。 一旦、ubuntuにsshして、そこからさらにcirrosにsshなら行ける。なんとなく釈然としないが、まあそんなものなのだろう。一応これでミッションはOKと言いたいが、なんとDevStackは親VMをshutdownすると全部チャラになる。おっと‥.。なんだって?もう一度言ってみろって。
nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。