So-net無料ブログ作成

【動画変換】今気づく、驚異のNVEncC(いまさら) [PC更新]

◆NVIDIA GeForce GTX 1050
なんだかんだ、買い替える頻度の高いのがグラボだがそう高いのも買っていられないし、今高くても陳腐化も早いし、当面使えればいい的に選んだのがこれ。
動画を見たり編集したりの時、さすがにオンボードではつらい。
で、せっかく新しいPC買ったのでどれだけ動画変換速度が増したかと思いきや、思ったほどでも。
前のPCの場合。変換スペックによって時間が違うのはもちろんだが、AVI(X.264)→H.264 mpeg-4/AVCで、
AviUtlの場合:実録画時間の65%近辺)
Avidemux :同 55%近辺)
くらいが目安だった。ただAvidemuxはAVIの加工性が悪く、多少のロスを我慢してAviUtlがメイン。
さて今の環境では、どうか、元ファイル 45.0M/120秒 AVI X.264/AVCを用意する。題材は動きの速いサッカー。
‥と思ってセッティングするとAvidemuxに見慣れぬパラメータが。NVIDIA H.264って?

◆ん?NVEncC?
「rigayaの日記兼メモ帳」 「NVEncを使ってみたhttp://rigaya34589.blog135.fc2.com/blog-entry-458.html
以降を参考にする。これは高い金出してグラボ新調した甲斐があったかも。知らないで買っているほうもどうかとは思うが。
ところがAviUtlにはそんなプラグインは初めからは入っていないので、同じくそのサイトから落として設定。なおIEでないと落ちない模様。なぜAvidemuxにはあったのか不明。なおこの際、最新版64bit 2.6.20を入れた。
比較してみる。
nvencc.jpg
もちろん全く同じ条件でもないし、元ファイルはキャッシュされているだろうし、同じ品質でもないといえばそうだが、できたファイルの大きさから、まあまあ同じ程度の圧縮と適当にみなすとして‥。
Avidemux NVEncCの7秒、
元時間の1/17というのは圧倒的。
PCの能力だけだと約半分の時間と思われる。それでも助かるが8年待った割にはたいしたことはない。
120秒が7秒ということは、4時間モノだと、14分?
うわっ。
‥AviUtlとAvidemuxのNVEncCでの差は、Avidemuxが64ビットだからかも。

nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

トラックバック 0