So-net無料ブログ作成
検索選択

【趣味の仮想環境】OpenStack ネットワーク準備 [仮想環境]

◆有りモノのUSB3有線LANアダプター

BUFFALO Giga USB3.0対応 有線LANアダプター【 Nintendo Switch 動作確認済 】LUA4-U3-AGT
こんなの。画像リンクにアフィ付きで失礼。オンボードより速かったりする優れもの。以前のPCは内蔵では100/10MのNICだったのでやむなく購入。ゲーム機にも使えるとか。
ただしこの出番は最後の最後だったりする。実は使わない手もあるはず。でも、有線NICの予備があるとなにかと重宝するし、無線は大元が死んで使えないケースもままある。

◆イーサネット1(つまりオンボード側)の設定
271.pngイーサネット2、つまりUSB側に共有の許可をセットしておく。IPv6はほっておく。あとは自動でOK。

◆イーサネット2(つまりUSB側)の設定
IPv6は念のため切っておく。あとは自動でOK。
つまりネットワークは外とつながっているボード(イーサネット1)の設定をを多少いじるだけ。このあとOpenStack入れるとつながったりつながらなかったりして、疑心暗鬼になるが、じっと我慢。

◆ONU(NTT光回線)
「自動でOK」というからにはDHCPの範囲を決めてやる必要がある。そうしないとDHCP側が枯渇する。192.168.1.3から20個とか?
もっと多くてもいいかも。

◆CentOSインストール準備
isoを落としておく。いまだと CentOS-7-x86_64-DVD-1611.iso
ここいら
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。