So-net無料ブログ作成
検索選択

【趣味の仮想環境】OpenStack インストール準備 [仮想環境]

◆OpenStackインストール準備
まだしばらくかかる。
ユーザーcentos、パスワードcentos で入りなおす。
suしてここもパスワードcentos。
以下呪文を唱える。一般常識的に# systemctl ほにゃららと#を入れて表記するらしいが#は取ってある。

systemctl stop NetworkManager
systemctl disable NetworkManager
systemctl restart network
なお、その筋では常識ではあるが、ctrl+pで直前のコマンドがリピート表示される。これは便利。
その後、net-toolsをインストール。
yum install net-tools

ここまでは普通。次が鬼門
ネットワーク定義を書き換える。ネットワークインターフェイス「enp0s3」について、
vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s3
と叩いて、viで以下のように書き換える。固定IPにして、かつ、IPv6を止める。
DEVICE="enp0s3"
TYPE="Ethernet"
BOOTPROTO="static"
DEFROUTE="yes"
PEERDNS="yes"
PEERROUTES="yes"
IPV4_FAILURE_FATAL="no"
IPV6INIT="no"
NAME="enp0s3"
ONBOOT="yes"
IPADDR="192.168.1.101"
NETMASK="255.255.255.0"
GATEWAY="192.168.1.1"
DNS1=8.8.8.8

上書きしたら[Esc]:wq[Return]ですね。viなので。
お手本では
GATEWAY="192.168.137.1"
のようになっているが、これでは逆立ちしてもつながらない。我々(笑)の環境では192.168.1.xxxであることに注意。
また、DNS1はあえて指定しないでもよかったと思うが実は忘れた。

このあとしばらく教科書サイトどおり。著作権法違反かな。
いったんネットワークを落とし上げ。全パッケージupdateしてOpenStack取り込み。
ifdown enp0s3
systemctl restart network
yum update -y
yum install -y https://rdoproject.org/repos/rdo-release.rpm
yum install -y openstack-packstack

これで準備できた。今回は文字ばっかり。ちょっと疲れる。
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

トラックバック 0