So-net無料ブログ作成
検索選択

【Linuxメモ】再開:Linux Mint 18編(1) [Linux初心者]

◎再開
AWS的な何かをやろうと思い、どうせならLinuxからだろうと考えて、以前にMint17.3を入れたUSB を立ち上げた。もちろん立ち上がる。もちろんというのは、それに用いた、および同時期に買ったDVD-RWの読み取りがえらく悪いからなのだが、これは別の話。
で、順調に行くはずだったが、早い話passwordを忘れた。どうせMintも18が出ているので、再度思い出しながら作り直すことに。いまのUSBメモリーは一応取っておく。日本語だし。

◆DVDの作成
https://www.linuxmint.com/download.php ここ
で、Cinnamonの64bitをダウンロード。なぜCinnamonなのかは、画面がかっこいいから、だったのだが、実は18の画面は地味になっている。壁紙導入は必須と思われる。
あと、MATEは、メイトではなくてマテ。
後は焼くだけ。DVD-Rに焼けば簡単なのだが、DVD-RWだといくらでも焼き直しが出来るのでいつもそうしている。但しどうもドライブとの相性が悪い。

◆DVDで立ち上げ
ログイン、と出て、ユーザーコードを入れる画面が出るので一瞬あせるが、ここはほっておくと、勝手に進む。
当然英語。まず、インストールするUSBメモリーのパーティションを切らないとダメなのだが、英語だと微妙に心配である。ここで選択肢があって、
(1) swap領域を作るか?:前回は作った。しかし、swapはパフォーマンスを下げるという話である。メインメモリー4Gでswapがなくて、どのくらいの負荷をかけると死ぬのかよくわからない。
画像とか動画をゴリゴリやったら限界のような気がする。
(2)Windows共有エリアを作るか:前回は作らなかった。USBで立ち上げても普通にHDDは見られるので、たぶんいらない。たとえ32Gあっても、swapに4G、Windows用FATに5G取ると、残り20G強で、推奨ぎりぎりになる。

◆USBメモリーのパーティション
悩んで最初(1)(2)ともアリで一旦formatしたが、やはり(2)はいらない気がした。HDDにしろSSDにしろ、それが無い環境で何かをどうにかすることは考えにくい。20Gと25Gでは安心感が違う。
やりなおし。
ただ、もしWindows共有をやるとしての、やり方の注意点をメモっておくと、
・FAT32領域は、先頭に持ってくること
・bootも同じく。これはここで設定していないと、DVDから作成するとき聞いてくるのでそこで作っても良い(はず)。
swapは、念のため一応作るけど、ここ http://ondyrsjc.blog.jp/archives/1003611779.html の記述に従って設定し、使わないようにしておく。4Gほど無駄になる。

参考:「UbuntuをUSBメモリにフルインストール。作成/保存したデータをWindowsで読めるようにしてみる。」 http://cloud-work.net/usb%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%88/usb_install/
参考:リナックスミントをつかおう http://linuxmintjp.jimdo.com/
参考:http://ondyrsjc.blog.jp/archives/1003611779.html