So-net無料ブログ作成
検索選択
仮想環境 ブログトップ

【趣味の仮想環境】OpenStack でubuntu でもこれでどうしろと [仮想環境]

◆立ち上がったubuntuの雄姿
ost4.png
おお。
で、user/passは?と思ってあちこち見たら、「公開されているクラウドイメージは大抵のものは鍵認証のみ許可されているため、パスワード認証はデフォルトのままではできない」とのご託宣。そこで魔法の呪文を唱える。こことかこことかに書いてある。しめしめ。とおもいきやうまくいかない。たぶんsshで入ればいいのだろうが、それのどこがおもしろいのか。
このあたりで嫌気がさしてくる。stack.pngいまの状況を整理すると、不正確だけど、こんな感じ。だいたいにおいて、ubuntuが立ち上がるのに(設定にもよるだろうけど)5分もかかっていては話にならない。
ということで、一旦撤退。
現在進行形でお送りしています。このあたりのことをやってみたがこれもうまくいかない。http://noaboutsnote.hatenablog.com/entry/openstack_instance_password
sshのログインもよくわからんというか。pemはPCに落ちるので、それをVirtualBoxに持っていってやらないとダメ。

【趣味の仮想環境】OpenStack 実行 [仮想環境]

◆さらに、割とうまくいかない。
エラーなしでおわったら、ホストPC側ブラウザから、192.168.101.1をたたく。ost1.png再度書いておくが。SSLの設定はやめたほうがいい。この後あちこちでひっかかる模様。userがadminなのがミソ。

◆で、この後がまたよくわからない。
openstack.orgのDOCを見るのが筋なんだろうが、微妙にずれている。
https://docs.openstack.org/ja/user-guide/dashboard-log-in.html
この順でやる。
まず「イメージ」を用意したほうがよさそう。
https://docs.openstack.org/ja/image-guide/
気まぐれでubuntuにしてみる。ost3.png
わりと時間がかかる。というか画面は自動で切り替わらないようなので注意。その後インスタンス作成となる。ほとんどデフォルトでセットされている。m1-tinyというやつを選ぶ。
ubun.PNG

◆ここで注意
OpenStackインストール時、デフォルトだと容量リミットが
CONFIG_CINDER_VOLUMES_SIZE=20G
となっていて、いろいろやっていると容量が足りなくなる。
(前の投稿にも追記した)
100Gとか120Gとか、適当に増やしておくべき。
ん?なんかうまくいかない。いったん保留。
あら?うまくいったぞ。
これはそこそこハマる。

生成してインスタンスの状況を見つつ、待つことしばし。ubuntuが立ちあがる。
で、これでどうしろと?

(改2)【趣味の仮想環境】OpenStack インストール [仮想環境]

2017/6/11青字追記さらに6/13追記
◆インストール:割とうまくいかない
うまく行かないとすると、この前の
yum update -y
のところでネットワークにつながらないか、このあとのpackstackでパラメータが通らない。

「answer-fileを使用しOpenStackをカスタマイズ」とのことなのでマネする。
packstack --gen-answer-file ans.txt
vi ans.txt
viが立ち上がって、なにやらいっぱい表示される。どこにお目当ての行があるのかわからないのでスクロールして-つずつつぶしていく。順番はオリジナルから変えてある。

CONFIG_SAHARA_INSTALL=y
CONFIG_HEAT_INSTALL=y
CONFIG_TROVE_INSTALL=y
CONFIG_NTP_SERVERS=133.243.238.244
CONFIG_KEYSTONE_ADMIN_PW=centos
CONFIG_LBAAS_INSTALL=y
CONFIG_NEUTRON_FWAAS=y
CONFIG_PROVISION_DEMO=n
注6/13 そういえばこの CONFIG_PROVISION_DEMO を=yにするとエラーになるので注意。文字コードが合わないとか。なんなんだろうこういうの。

CONFIG_LBAAS_INSTALLはロードバランサーだけど、実際はいらないと思う
CONFIG_NEUTRON_FWAASは、ファイアーウォールだけど、実際はいらないと思う

追記2017/06/11 CONFIG_CINDER_VOLUMES_SIZE=20G のままだとそうたくさん遊べない。100Gとか120Gとか適当に増やす。
ん?なんかうまくいかない。いったん保留。

そしてCONFIG_SATELLITE_ほにゃらら、の下あたりにあるSSL、ここが鬼門
CONFIG_HORIZON_SSL=y
これはダッシュボードヘのアクセスをhttpsにするものだが、これをやると、インストール時に
No such file or directory: '/etc/pki/tls/certs/selfcert.crt'
でエラー。
OpenSSLの設定が必要になってめちゃくちゃめんどくさい。たぶんバージョンが変わって必要になったっぽい(いつかのOpenSSLのバグの影響か?)。
なので、やめたほうが良い。
やる?本当に?
ここhttps://ask.openstack.org/en/question/97645/error-while-installing-openstack-newton-using-rdo-packstack/
を見て、ここhttps://tlepsh.blogspot.jp/2017/01/packstack-openstack-installation.htmlを見て、呪文を唱える。
openssl req -x509 -sha256 -newkey rsa:2048 -keyout selfkey.key -out selfcert.crt -days 1024 -nodes
なにやら途中に入力が求められるが、JPだけ入れればあとスペースで可。
.keyと.crtができるので、コピー。
cp selfkey.key /etc/pki/tls/private/
cp selfcert.crt /etc/pki/tls/certs
mkdirで/root/packtackca/certs を順に作る。権限も適当にchmod 777。
で、さらによくわからない呪文。
ln -s /etc/pki/tls/certs/ssl_vnc.crt /root/packstackca/certs/192.168.1.101ssl_vnc.crt
で、このあと、アンサーファイルの変更追加

CONFIG_SSL_CERT_DIR=/root/packstackca

これでできるはず。できなければ諦める。
変更し終わったら、[Esc]:wq[Return]して書き込み。
で、インストール。
packstack --answer-file ans.txt
エラーがなかったら一旦仮想環境を落としてセーブしておこうか。

【趣味の仮想環境】OpenStack インストール準備 [仮想環境]

◆OpenStackインストール準備
まだしばらくかかる。
ユーザーcentos、パスワードcentos で入りなおす。
suしてここもパスワードcentos。
以下呪文を唱える。一般常識的に# systemctl ほにゃららと#を入れて表記するらしいが#は取ってある。

systemctl stop NetworkManager
systemctl disable NetworkManager
systemctl restart network
なお、その筋では常識ではあるが、ctrl+pで直前のコマンドがリピート表示される。これは便利。
その後、net-toolsをインストール。
yum install net-tools

ここまでは普通。次が鬼門
ネットワーク定義を書き換える。ネットワークインターフェイス「enp0s3」について、
vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s3
と叩いて、viで以下のように書き換える。固定IPにして、かつ、IPv6を止める。
DEVICE="enp0s3"
TYPE="Ethernet"
BOOTPROTO="static"
DEFROUTE="yes"
PEERDNS="yes"
PEERROUTES="yes"
IPV4_FAILURE_FATAL="no"
IPV6INIT="no"
NAME="enp0s3"
ONBOOT="yes"
IPADDR="192.168.1.101"
NETMASK="255.255.255.0"
GATEWAY="192.168.1.1"
DNS1=8.8.8.8

上書きしたら[Esc]:wq[Return]ですね。viなので。
お手本では
GATEWAY="192.168.137.1"
のようになっているが、これでは逆立ちしてもつながらない。我々(笑)の環境では192.168.1.xxxであることに注意。
また、DNS1はあえて指定しないでもよかったと思うが実は忘れた。

このあとしばらく教科書サイトどおり。著作権法違反かな。
いったんネットワークを落とし上げ。全パッケージupdateしてOpenStack取り込み。
ifdown enp0s3
systemctl restart network
yum update -y
yum install -y https://rdoproject.org/repos/rdo-release.rpm
yum install -y openstack-packstack

これで準備できた。今回は文字ばっかり。ちょっと疲れる。

【趣味の仮想環境】OpenStack CentOS準備 ※間違い訂正 [仮想環境]

※間違い訂正 図と文言(青)

◆なぜCentOSなのか
ご承知のとおり、サーバー用途はRedHat系が多く、クラウドインフラ用には(こう書くと正確じゃないと突っ込まれそうだが)軽量版のCentOSを選択するのは自然な流れ。
いまこれを書くのに使っているLinuxMintでもできると思うし、事実「ソフトウェアの管理」でOpenStackと検索すると出てくる。やってみたら入る。これは後ほど。

◆VirtualBoxにCentOS仮想環境設定
VirtualBoxで仮想マシンを作る。メモリー8G、HDD128G、CPU2個、あとはお好み。
コントローラーIDEにさきほど落としたISOイメージのCentOSを設定。brg.png
ネットワークアダプターがちょっとややこしくて、オンボードLANUSB-LAN(イーサネット2)をブリッジアダプターとして登録。「高度」をクリックしてプロミスキャスモードを「すべて許可」にする。
アダプタータイプはよくわからないけどDesktopと書いてあればそう間違いはなさそう。
「ブリッジアダプター」だと仮想と実HOSTが同じ192.168.1.xxxに。これが後々‥。

◆仮想マシンの立ち上げ:CentOSのインストール開始
最小限インストールでOK。イーサネットをオンにして、「接続済み」を確認する。あと、ホスト名をcentosに変更。
今後、何か名称やパスワードの入力項目あったらcentosを設定する。セキュリティは気にしない。
インストール先のパーティション構成を「手動パーティション設定」へ。「ここをクリックして自動的に作成します」をクリック。
/homeを/varに変える、名前もvarに変える。
これで準備は-旦終わり。インストールの開始。やっている間に、ルートのパスワードを設定。当然、centos。ユーザーもcentos/centos。管理者にはしない。そうこうしているうちにCentOSインストールは無事に終わるはず。ここで、一旦、作った仮想環境をOFF。

【趣味の仮想環境】OpenStack ネットワーク準備 [仮想環境]

◆有りモノのUSB3有線LANアダプター

BUFFALO Giga USB3.0対応 有線LANアダプター【 Nintendo Switch 動作確認済 】LUA4-U3-AGT
こんなの。画像リンクにアフィ付きで失礼。オンボードより速かったりする優れもの。以前のPCは内蔵では100/10MのNICだったのでやむなく購入。ゲーム機にも使えるとか。
ただしこの出番は最後の最後だったりする。実は使わない手もあるはず。でも、有線NICの予備があるとなにかと重宝するし、無線は大元が死んで使えないケースもままある。

◆イーサネット1(つまりオンボード側)の設定
271.pngイーサネット2、つまりUSB側に共有の許可をセットしておく。IPv6はほっておく。あとは自動でOK。

◆イーサネット2(つまりUSB側)の設定
IPv6は念のため切っておく。あとは自動でOK。
つまりネットワークは外とつながっているボード(イーサネット1)の設定をを多少いじるだけ。このあとOpenStack入れるとつながったりつながらなかったりして、疑心暗鬼になるが、じっと我慢。

◆ONU(NTT光回線)
「自動でOK」というからにはDHCPの範囲を決めてやる必要がある。そうしないとDHCP側が枯渇する。192.168.1.3から20個とか?
もっと多くてもいいかも。

◆CentOSインストール準備
isoを落としておく。いまだと CentOS-7-x86_64-DVD-1611.iso
ここいら

【趣味の仮想環境】PCにOpenStack All in One [仮想環境]

◆OpenStackとはなにか、という、何か。
自分のPCでaws IaaSごっこをする。
へい、いらっしゃい。お客さんストレージ100Gですか。CPUは2個、じゃあメモリー4Gおまけしときましょう。
というか、それならVirtualBoxでできるわけで、理由がないうえにさらに意味がない。
Openstackはコンポーネントに分かれている(モジュラーアーキテクチャ)ので、1台のPCに乗せてしまうのもどうかと思う。
まあ勉強で。

◆参考サイトを検索
pc openstack で検索すると良サイトがぞろぞろ出てくる。が。あえてリンクしないが
・「外部(有料)クラウド上で構築」‥お金かけたくないし。
・「L2スイッチが必要」‥お金かけたくないし、あとで何かに使うとも思えず。というか物を買ってIaaSというのも。
・「ESXi上で」‥そんなメモリー積んでないし、ハードそろえてこの通りやればできるってそれじゃプラモデル。
ということで、
OpenStackチャレンジ】 第1回 OpenStackインストール編アドックインターナショナル
こちらを参考にさせていただく。ここのOpenstack編はいまだに続いているようで、28回、しかもそれぞれ相当なボリュームで、全部理解したらなにがしかの試験に受かりそう。
ただ、第1回は、内容的にちょっと古い(ように感じる)のは致し方なく、また超初心者が単純コピペできるものでもない。

◆順番に行く。
ただし、事前にLinuxのコマンドとviエディタのコマンドをおさらいするか、検索できるようにブックマークしておく。これは私だけか。
  1. ネットワークの準備
  2. CentOSのインストール
  3. OpenStackのインストール
  4. ネットワークの再設定とブラウザからの確認
こんな感じ。

【趣味の仮想環境】「それから」 [仮想環境]

※タイトル変更 2017/5/21
◆3Dも入れて
「ソフトウェアレンダリングになっっているので動作がもっさりです(意訳)」、と言われても困るので、c1.PNG
・ホストOSにフラグセット(右図)、メモリーも256Mにしておく。
・ゲスト側にソフトをインストール:これはキャプチャできないので載せられないが、デバイスのところの一番下の行にある。Guest Addition CDイメージの挿入というやつ。
これで全然普通に動く。
だからと言って特にやることが見つからない。

◆それから(青空文庫より)
「歩きたいから歩く。すると歩くのが目的になる。考えたいから考える。すると考えるのが目的になる。それ以外の目的を以て、歩いたり、考えたりするのは、歩行と思考の堕落になる如く、自己の活動以外に一種の目的を立てて、活動するのは活動の堕落になる。従って自己全体の活動を挙げて、これを方便の具に使用するものは、自ら自己存在の目的を破壊したも同然である。」

◆では次はOpenStackだ、その前に
無目的もいいところ。入れてそれからどうする。NICも2枚要りそう。
その前にHyper-Vを削除しておこう。ネットワークが変。
CentOSも用意するべきだろう。いまだと7.3-1611。
‥Mintじゃだめかな。Debian系をサーバー用途で使うとあちら側の信者がうるさそう。



【趣味の仮想環境】VirtualBox編 共通フォルダーの罠 [仮想環境]

※タイトル変更 2017/5/21
◆仮想環境のおおどころといえば
Hyper-VとVirtualBox、あとVMware Playerとなろう。後者2つのどちらにするか。いろいろ当たった結果何とも言えないので、何の根拠もなくVirtualBoxにしてみた。
ただその前に気になる記事が。
Hyper-VとVMware/VirtualBoxは共存不可!?」(文系エンジニアの私的ナレッジベース
ここにあるbatをいただく。
全然関係ないが、サービスを止めておいたほうが気分がいいものもいくつかあって、sMedio、Splashtopは必要な時だけ動かすようにbatを作ってある。bonjourなんかもそうしたい。
‥HyperVを止めて再起動、VirtualBoxをインストール。
これも別にどうということはない。やり方はほぼ同じ。音も出るし、いい感じ。

◆共通フォルダー:これは鬼門
VirtualBoxは親切というか、ホスト<->ゲスト間でドラッグ&ドロップもコピペも可能。設定しておく。
さて共有フォルダーというメニュー。まあできれば共有できたほうが良いだろう。vbox-1.pngdb-2.pngdb-3 - コピー.png
適当なところにフォルダーを作ってホストOS側で設定。さらにゲストOSに移ってそれを指定。上のバーから、「デバイス」の「共有フォルダー」「共有フォルダーの設定」これでめでたし‥ではない。このままではどこにも出てこない。
一旦再起動が必要。
いろいろ記事を当たると、CentOSでは /mnt/に同名のフォルダー作って、そことつなげましょう的なアドバイスがあるが、今使っているのはLinux mintでubuntu系だから?なのかどうかわからないが、その必要は全然ない。このへん何がどうなのかよくわからないが/media/以下にすでにフォルダーは出来ている。なので vboxsfグループに入っておしまい。
Linux Mintを入れてみた (※リングが間違っていたので更新)」(ねずみとりんご
http://msitter29.hatenablog.com/entry/2015/02/09/214857
参考になる。ただ、
# sudo gpasswd -a 「ユーザ名」 vboxsf
となっているが、GUIで「システム管理」「ユーザーとグループの管理」で出来ると思う。ここも多分再起動が必要だった気がする。Linuxは再起動が多いな。デスクトップにフォルダーが表示される。→

【趣味の仮想環境】趣味としか。Hyper-V編 [仮想環境]

※タイトル変更 2017/5/21
◆メモリー余り過ぎ
さすがに16Gも積むとページングファイルゼロでも余る。もちろん余って悪いわけでもないが、もともと目的もなく仮想環境を試してみるつもりだったので、実験開始。
仮想(ゲスト)OS用にMint18 Cinnamon 64のisoイメージを落としておく。
Mintをホストにして、Win10をゲストというのも考えた。ものすごくかっこいい。でも意味が分からない。そいやWinXpのライセンスは持っていたはず。

◆まずHyper-V。
どうやってセットするのか調べた。なんと「Windows機能の有効化または無効化」でおしまい。チェックしてリスタートしてセット(ほぼ)終了。なんかこう書くまでもなく簡単。ポイントを挙げるとすれば
・仮想スイッチマネージャーを「外部」「共有可」で作っておく
・メモリー多め(4G~)、HDDは適当
・先ほど用意したisoを指定
‥悩むまでもない。なお仮想を立ち上げると、ホスト側のネットワークは仮想スイッチにつながるのがちょっと違和感あり。気にしないこと。
iso以降は普通のLinuxMintのインストール。18から日本語が一発で通るのですごく楽。
あと、ビデオカードを認識せずソフトレンダリングになる。特に困らないがこのあたり研究の余地がありそう。
アップデートもかけて、さてfirefoxでNetRadioでも‥え?

◆Hyper-Vはサーバー用途
サーバーはコンシューマー用では(基本的に)ないので、音はいらないので出ない。あと、USBも使えない。hpv.png
おいおいおい。
じゃあなぜproとはいえWindows10に付属させるのか。深慮遠謀か。
と、なるとLinuxでNetradioとか(たぶんやらないけど)動画変換とかゲームとか無理ですな。
これは当面使えませんね。次行きましょう。


仮想環境 ブログトップ