So-net無料ブログ作成

軽いのはどれだ(2)Linux / Windows10 [Linux初心者]

(1/5 多少文字訂正)
前回の続き:結局?
立ち上げスピード(Firefoxでジョルダンライブが表示されるまで)復習
・Win10:2分10秒くらい
・Linux Mint 18.3 Cinnamon HDD:2分とちょっと
・Linux Mint 18.2 Cinnamon USB:2分とちょっと
Manjaro xfce-17.0.6 USB:1分とちょっと
だったけど、Mintには他のエディションもある。Cinnamonは最も豪華といわれているので、じゃあ軽いので試してみる。
まずはLMDE版。これはUbuntuではなくDebianが大元になっているとのこと。
よくわからない。

◆Debian版:難攻不落debian.png
LMDE2版はどうも、Ubuntu不信派御用達のようで(?)それなりの支持がありそう。
いつもの通り、インストール用DVDをDND-RWに焼く。これで立ち上げ。
初めだけ英語Desktopで、インストールも最初英語であるほかは特に難しくない。ただ、画面右上に、「今オープンソフトのディスプレイドライバーつかってまっせ(意訳)」と出て、普通ならMintのメニューにある「ドライバー」アイコンが見当たらない。まあ良しとして、USBメモリーにインストール。
立ち上げ。は、速い。1分かかっていないぞ。
しかし、「Cinnamonがクラッシュしました」とでる。互換モードで普通に使えるといえば、使えるのだが、なんとなく気分が悪い。

◆宗教戦争(以下勝手なことを言う)
Debianは開発者寄り、Ubuntuはユーザー、というか若干商業寄りってことですかね先生。「お互い刺激しあい高め合う存在」という感じです。Debian派だと、そんなんわからんのか自分で調べろ、がUbuntu派だと丁寧に教えてくれそう。でも寄付ちょうだいね、みたいな。
で、Mintはさらに都会派で、偏屈なコミュニティ、ええかっこしいとは一線を引く感じ。そのぶんサポートが薄いというか、日本語サイトもなくなったし。
もっともMintだとインストールしたあと普通は(日本人には)かな漢字の設定のところで戸惑うくらい。Win10より簡単(は言い過ぎ‥でもないような)。”mint 日本語”でググる知恵があればサポートページは不要。

◆断念、そしてXfce版へ
いろいろ調べたがNvidia製ドライバーが入らない。下手に入れるとクラッシュする(ので再インストールする羽目に)。参考サイトはそれこそググれば
ここ
http://d.hatena.ne.jp/talisker_ZQN/20150518/1431963729
と、ここ
https://sites.google.com/site/hymd3a/linux/debian8-5/debian-nvidia
とかいろいろあるが、なんかそれやってまでLMDE使うモチベーションがわかないのと、Debianベースだとppaが使えないっていうのも引っかかるので、楽な道に行く。そう、Ubuntuベースのxfce版。

◆xfce版‥xfce.png
ついでにいえば、KDE版というのもあるそうだが、今回で打ち止めとのこと。
https://news.mynavi.jp/article/20171029-a036/
で、xfce版インストール。手順は従来Mintと同じ。ただしかな漢字の設定も同じなので自力でセットする必要がある↓
・fcitx-config-gtk
・Mozc-utils-gui
のと、gpartedが入ってないのでこれも入れる。
またgrub-customizerは例の通りターミナルから手動で入れる。↓
sudo add-apt-repository ppa:danielrichter2007/grub-customizer
sudo apt-get update && sudo apt-get install grub-customizer
あとなんかあったかな。

で、お待ちかねの立ち上げスピードは‥なんと
・Linux Mint 18.3 xfce USB:20秒とちょっと

は、速い。

nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

軽いのはどれだ(嘘)Linux / Windows10 [Linux初心者]

◆そもそも「軽い」って何だ?
Linuxは「軽い」というが、何をもって軽いと言っているのか?という疑問。
  • スペック的に劣っていても使えます、というのも、もはや旧型PCのWin→Linuxという用途が途絶しかかっていてはいまいち売り文句にならない。が、いちおうそれは正しい(はず)。体感しないけど。

  • 同じスペックなら処理が速いです、は嘘が多い。大概のソフト/ドライバーはWinに最適化しないと商売にならない(はず)。

  • ‥じゃあ、何が体感的に軽いと感じるか。というと。さあ使おうとしてからどのくらいで実用に供されるか。が大きい。
    ‥結局スマホには逆立ちしたってかなわんだろうと思いきや、アプリならともかく、ブラウザ用途だとそうでもない。

    ◆立ち上がるまでの時間
    厳密に調べる気はないので、電子ストップウォッチで超適当、スタートはGRUB2の選択画面から、エンドは「自動立ち上げ設定」してあるFirefoxのジョルダンライブが立ち上がるまで、とした。で、結果は‥
    ・Win10:2分10秒くらい
    ・Linux Mint 18.3 Cinnamon HDD:2分とちょっと
    ・Linux Mint 18.2 Cinnamon USB:2分とちょっと

    おっと。そうかもしれないと思っていたが、ほとんど同じとは。
    で‥衝撃の結果、
    ・Manjaro xfce-17.0.6 USB:1分とちょっと

    おお。これは軽い。これを求めていた。
    じゃあ次は、LinuxMintのxfce版ですか。
    nice!(0) 
    共通テーマ:パソコン・インターネット

    Windows 10 Fall Creators Updateうまくいかない(けど、どうにかなった) [PC更新]

    (※メモです:一部うろ覚えあり、自己責任で)

    ◆この更新プログラムは、インストールできる状態です。 でもダメ
    「この更新プログラムは、インストールできる状態です。処理を完了するには、再起動のタイミングを指定してください」
    WindowsUpdateをかけて、「どうにかすると」この状態になる。
    あそうですか、と何回再起動しても同じ。
    ここで1時間費やす。
    トラブル事例&その解決策を見てもヒットせず。
    やっとここにたどりつく
    https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-update/windows-10-windows-update/a8a3a4cb-9d67-406e-8ae6-d25451c237d7?auth=1

    ◆更新ファイルをダウンロード、は?
    上記のサイトの方法1から3までを実施。方法4はすごく時間がかかりそうなのでやめる。
    で、方法5のダウンロードサイトだけど、こちら
    https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=Windows+10+1709
    なのだが、ここを使うのはやめる。どれ選んでいいのかわからないから。
    まず、この段階でWindowsUpdateをかける
    なんかいろいろエラーで溜まっているかもしれない。
    「サービスがこわれてまんがな、あんさん」といわれていたら、それ。

    ◆ここ

    win10.pngここの、
    https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
    「今すぐアップデート Windows 10 を実行しています。最新のバージョンへのアップグレードを希望する場合は、[今すぐアップデート] をクリックしてください。」
    から Windows10Upgrade9252.exe を落として実行。
    このあと、もう一度手動でWindowsUpdateかければなお良し。

    ‥ふつうやらんだろこれ。なにか悪いことしたかな。GoogleやAppleやLinux勢と同じことをやろうとするのは発想に無理がある気がする。まあ出来たからいいけど。


    nice!(1) 
    共通テーマ:パソコン・インターネット

    Linux Mint 18.3 音が出ないとか(再び) Update Sylvia [Linux初心者]

    ◆Mintはオワコンか
    Mint日本サイト http://linuxmint-jp.net/ は死んでいる。mint.PNG
    Mint日本語化支援サイト https://linuxmintjp.jimdo.com/ はアラビア文字を吐き出した挙句、現在死亡。たぶん復活しないでしょう。
    ディストロウォッチ https://distrowatch.com/ で頭2つ抜けた1位にしては、フォーマルな紹介サイトのない状態。
    一見さんお断り?
    正直、Win10では出来ないけどLinuxMintで出来るということはそうないし、Win10には「どことなく胡散臭い、裏で何やっているかわからない」点を除けば、それを捨ててMint18.3にあえて更新する理由はない。
    でも更新する。

    ◆ポチッとするだけ。ただし音が出なくなるalsamixer.png
    アップデートマネージャーの編集タブから更新を指定するだけ。
    さすがに時間はちょっとかかるけど、普通の更新とさして変わらない。
    ただし、音が出なくなった。これは前と同じ。慌てない。alsamixerで、いろいろいじれば直る。
    alsaとalsamixer自体はググればいろいろ出てくるのでそちらへ。
    こういうところと、かな漢字変換でfcitx-mozcの設定のところがもうちょっとなんとかなればWindows 10 Fall Creators Updateより全然簡単なのだが。この話は次回あたり。
    nice!(0) 
    共通テーマ:パソコン・インターネット

    【Linuxメモ】manjaroってなんじゃろ(2) [Linux初心者]

    ◆どうにかしてインストール開始、しかし
    さらなる苦難‥というか、これがなぜかやたら時間がかかるため、そのつもりでいないとハングかと思う。まあ寝て待っていればいいのだが。
    終わったら、この時点でバックアップを取っておく。Win環境に戻ってUSB Image Tool https://www.gigafree.net/system/SystemBackup/usbimagetool.html を使う。これは速いし、たまに失敗するけど大体は戻る。
    USBメモリーで立ち上げて、さあできた。

    ◆日本語が打てない
    いつもの通り、Fcitxを入れる。iBus-Anthyでも特に不満はないのだが、まあなんとなく。先にFcitxとMozcと設定をインストールし、その後Fcitx-configtoolでGUIに。あとはお好みでKey変更。
    エディターで試しう‥う‥打てない。なぜだ。なんかちょっと前にもこんなことがあったぞ。
    「fcitx 表示」とか、「fcitx 起動」とかでgoogle検索‥するがなかなかHitせず。
    ubuntuの記事とか、いろいろ参考になるが、決め手はこちらのarchlinuxのフォーラム
    fcitxを用いた日本語入力環境についてhttps://bbs.archlinux.jp/viewtopic.php?id=38 まさにこのまんまのケース。
    fcitx-autostart というキーワードがあったので、ものは試しで、terminal立ち上げて、コマンドプロンプトからfcitx-autostartと叩いてみる。
    できた。リスタートしても状態は残っていて、うまくいく。
    fcitx-autostart 、皆さん覚えておきましょう。

    ◆システム更新、え?
    で、アップデートのご案内が右下に出ていたので、確認。更新が‥え?196個?これ終わるのか?
    心配なので、もう一度Win10に戻ってバックアップ。その後一気に更新‥で何故か、いや予想通りハング。なんでだ。
    たぶん、メモリーの差し口がぐらついていたので、何かの拍子で死んだと思われる。ok1.png結局、USBメモリーをバックアップから作り直し。再実行。延々時間がかかる。さすが「ローリングリリース」というところ。

    さらにマルチOS環境定番のGrub2だけど、そんなものは出てこない。手でGrubファイルをいじることになる(やり方は略)。正直、できればやめたほうが良い。Grub設定を間違えると立ち上がらなくなる。
    もう一つ、なんか突然ハングしたふりをして突然戻るのはなぜだ。USBメモリーインストールだからか?

    ◆で?
    で、ここで前に掲げた謳い文句、「シンプルで無駄の無いシステム」だけど、まあそれはそうだけどメリット的に首をひねるところ。さらに「ユーザーフレンドリーでインストール後すぐに使い始められる」だと首が一周しそう。
    でもまあできた。しばらく使ってみる‥というか、普通使うぶんには大して変わらないというか。ただし立ち上がりはそこそこ早い感じ。あとで測ってみる。
    (おまけ)
    Firefoxのメニューが英語表記なのは、ここを見て直すhttps://support.mozilla.org/ja/kb/use-firefox-interface-other-languages-language-pack
    タグ:linux PC manjaro fcitx
    nice!(0) 
    共通テーマ:パソコン・インターネット

    【Linuxメモ】manjaroってなんじゃろ(1)※追記 [Linux初心者]

    (追記2:Desktop画像を追加、タイトルから古、を取った、USBのGrub追記)
    ◆manjaroの立ち位置
    • Arch Linux系、非主流というか反主流
    • distrowatchで堂々の第3位‥とはいえMintの6割ほど、とはいえUbuntuより上でDebianのちょっと下の好位置
    • 「シンプルで無駄の無いシステム」
    • 「ユーザーフレンドリーでインストール後すぐに使い始められる」
    ということで、USBメモリーがいろいろドタバタのあげく余ったため、それに入れてみる。速攻立上げ用、つまりWin10立ち上げが面倒なとき用。あわよくばMintのUSBメモリーじゃなく、こちらを使う気。「」がついている理由は、後ほど。
    ところが‥

    ◆日本語資料が乏しい‥がやってみる
    manjaroに限らず、検索しても相当古い記事が多い。Linux界で第3位だよ?みんな使おうよ‥。と思いながら試行錯誤。
    まずインストールDVD作成。一番新しそうなmanjaro-xfce-17.0.6-stable-x86_64.isoを使ってみよう。
    この時点で、ローリング・リリースのなんたるか(というか恐ろしさ)を知らなかったが、まあ普通はそうする(最新を選ぶ)でしょう。
    DVDができたら、それで起動。インストールメニューが出てくる。当然US設定なので日本設定に直す。あと、nvidiaのドライバーも必要なはずなので、nonfreeに設定。
    今回はusbメモリーにインストールするので、パーティション設定も必要。全容量32Gだと、swapどのくらいが適切なのか?が不明。あまり取りすぎてもあとで困りそうではあるが、どうせGPartedで直す気なら、10Gとかあればいいのか?ちなみに全体容量で推奨30G推奨と、システム要件にある。

    ◆よし準備完了、インストール
    ‥するとハング。
    ここはすごいワナ。これだけではインストールできない。
    「NVIDIAのGPUがあると画面ハング」
    ここに詳しいhttps://qiita.com/hurou927/items/08778af723b58d3a991b
    このとおりで。ピクリとも動かない。なので、
    • OSの選択メニューのところでeキーを押す
    • 最後にnomodesetを付け加えて、実行すると、うまくいく

    こんなの調べろって?ここで普通は断念するんじゃ? (続)mjr.png

    ちなみに、いまmanjaroで書いている。
    (追記)Grubの設定、というか、BootのデバイスはUSBを(つまりいまインストールしているUSBメモリーを)指定する。これをHDDにするとGrubの呪いがかかる。


    nice!(0) 
    共通テーマ:パソコン・インターネット

    ベンチマーク:Linux 速いのはどれだ?Mint Zorin Ubiuntu Bean(追記アリ) [Linux初心者]

    ◆調子に乗ってディストリビューション比較
    とはいえ、いまセットアップしている仮想環境のみ。いちいち丁寧にやっていられない。vboxbench.PNG
    なので、条件は全然違う。
    Zorinはメモリー3G。Beanは2G。Ubuntuは8GだけどOpenStackが動いている。Mintは前回のデータ(4G)
    また、Beanだけ32bitで、メモリーは測定できず。
    Ubuntuは16.4なのでZorinやMintより一世代古い。
    で、結果。
    右の表のようになった。 一見して、MintとZorinはよく似ている。
    Ubuntuは全体的にもっさりしている。
    VirtualBox起動のものは、全体的にmax値が高く、「突然飛び抜けて遅くなる」感じ。

    ◆当てにならない‥のはわかっていつつ
    なんとなく実感に沿っていておもしろい。
    Ubuntuの最新版入れてみる必要はあるが、MintまたはZorinが人気なのももっとも。
    Beanは普段使いで問題ない。仕事で使うのでなければ&ゴリゴリの処理をしなければ。立ち上がりとシャットダウンが速い。ちなみにいまBeanで書いている。
    MintとZorinは結局緑が好きか青が好きかという感じか。vboxbench2.PNG

    ◆追記、追試
    いやいくらなんでもUbuntuの名誉もあるし、あるいはUbuntu族の沽券にかけて(私は属していないが)17.04に上げて再テスト。中身プレーン。というかOpenStack走らせたままテストというのはさすがにいかがなものか。
    で、結果。
    ほぼMint、Zorinとおなじ。妥当。ただ早計にものは言えないが、ここんとこあたりのバージョンはとっとと上げたほうが良さそう。
    あとはcentosでやってみるかだが、また今度だな。
    nice!(0) 
    共通テーマ:パソコン・インターネット

    ベンチマーク:Linux 速いのはどれだ?HDD/USB/仮想 [Linux初心者]

    ◆どれが速いか実験
    Linuxは軽い!なんて言われるが、実際そんな感じはない。確かに旧XP機でも動く、というのはそれはそうで、いまだとLinuxしか選択肢はないが、それは過去XPでもほぼ快適に動いていたわけであって。
    Mintだとメモリー4Gは欲しいし、普通8G積んでいるPCで重い軽い言ったところで処理速度的には大差ない、というか動画編集なんかだとWin10のほうが若干速い。
    ということで(?)HDDにインストールしたMint、USBメモリーにインストールしたMint、仮想Vbox上のMintとどれがどう速いかの実験。

    ◆テスト実施‥驚くべき結果が
    ベンチマークソフトは手軽に手に入るsysbenchを使用benchlinux.PNG
    https://mag.osdn.jp/14/05/22/085000/2
    他にUnixBench、geekbenchというのがある(らしい)が手間がめんどくさい。
    sysbenchを落として登録。実行はコマンドラインから。
    CPU、Memory、シーケンシャルWrite、ランダムWriteの4種を実験。
    読む方も実験すべきかもしれないがどれだったかのケースでツールが死んだ。
    驚くべき結果はこちら→
    CPUやメモリー速度でHDD起動が速いのは予想の範囲内。でもUSBメモリー立ち上げも大差ない。書き込みになると、特にランダム書き込みだとUSBメモリー起動のときが極端に遅い。それもずっと遅いのではなく、特定のツボを突くとピタッと止まるみたいな遅さ。実験中、ハングしたかと思って何度か止めた。
    一方、ずっと劣勢だったVirtualBox仮想環境立ち上げMintは、書き込みになった途端、突然ケタ違いの速さ
    一体これは何なんだろう。
    シーケンシャル書き込みは特に2桁違う。
    ここで言えることは‥
    (1) USBメモリー立ち上げの場合、(読み)書きの多い処理は厳禁。
    (2) 逆に、書き込みの多い処理は、圧倒的に速い仮想環境で。
    まあ、適材適所ってことですかね。ありふれた感想。


    nice!(0) 
    共通テーマ:パソコン・インターネット

    Linux Mint 再び:マルチブート [Linux初心者]

    ◆USBメモリー壊れるの巻
    大方の人は安心しきっているがUSBメモリーは壊れる。本体そのものを抜き差しして壊れるならまだ納得がいくが、別のUSBメモリー機器の影響でも壊れる。
    フォーマットも出来ない。
    幸いなことに、JetFlashの場合、オンラインリカバリーが可能。これは役に立つ。ここにある。
    https://jp.transcend-info.com/Support/Software-3/
    で、USB Image Toolで過去にバックアップしたイメージをかぶせればよい‥。

    ◆そんなこんなで作り直し
    Linux Mint 18.2を入れていたが、入れなおしてみると今度はハード的にではなくソフト的におかしい気がしたので、まあいいやと思いオンラインリカバリー後、最初から入れなおし。あと、grubの設定もゼロからやり直し。
    実はというか、使っていないHDDにMint18.2を入れてある。使ってないけど。
    Mint(HDD)とWin(HDD)とMint(USB)の立ち上げがゴチャついているので、USB立ち上げではUSBメインで動いて選択肢としてMint(HDD)Win(HDD)立ち上げにしたい。USBメモリーを外したら素直にWinだけ立ち上がって欲しい。
    ‥このあたり真面目に説明してもしょうがないのだが、どれかが壊れると有り難みがわかる仕組み。

    ◆手順‥の前に
    WinのMBRをキレイにする。これはちょっと危ない。リカバリーCDで立ち上げてコマンドプロンプトにして
    >bootrec /fixmbr
    でおしまい。注:環境による。ミスると結構痛い。このコマンドの前に bootrec /fixboot が必要なこともあり。
    MintをUSBにインストールする。まずMintをDVD-RWかなんかに焼く。
    Linux Mint 18.2 "Sonya" - Cinnamon (64-bit)が今のところ最新だが、日本サイトは更新が止まっていないか? で、もうひとつの日本語化支援サイトは(あえてリンクしないが)アラビア文字になっている。
    もしかして、Mintはオワコン?いやdistrowatchでは堂々一位なのだが。
    Mint18.1でも簡単に18.2に上がるのでどちらでもいいかも。
    USBメモリーには全チャラで上書きすることになる。パーティションでswap領域は多分いらない。で、ここも言わずもがなの注意だが、間違えてHDDをアサインするとそれが全チャラになってかなり痛い。
    あとは普通に入れて、再起動する。BIOSでUSBメモリー優先立ち上げにしないとめんどくさい。

    ◆Mintの設定メモ
    メニュー「設定」etc.から、スクリーンセーバー起動時間、デスクトップの背景、ロックが掛からないようにするとか、使い勝手をまず直す。ファイル方面には触らないでおいて、コマンドプロンプトから
    LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
    を叩いてフォルダー名を英語にする。これはあとあと大事。
    「ドライバー」からソフトウェアレンダリング→nvidiaに変更
    ここで再起動。
    ソフトを最新版にする。アップデートマネージャーにて。
    FireFox pluginを入れてセキュリティ確保。どこかで書いたけど
    >RequestPolicy
    >HTTP Everywhere
    >ADBlock Plus は必須。
    次、ようやく日本語環境。
    >fcitx-config-gtk
    >mozc-utils-gui
    をインストール。
    プリンター電源を入れた後、プリンターを探す、で見つけ出して登録。無線LAN対応に限った話だが。
    あとはお役立ちUTILITY
    >gparted これはオプション
    >grub customizer
    これは必須かも。普通では出てこないので「ソフトウェアの管理」にppaを追加する。
    ppa:danielrichter2007/grub-customizer
    これで普通に見つけてきてくれる。
    grub customizerを使って、立ち上げのデフォルト(当家の場合Windows10)と待ち時間(同 2秒)を設定。

    これで一応おしまい。








    nice!(0) 
    共通テーマ:パソコン・インターネット

    【Linuxメモ】Zorinって? (2)インストールして設定する [Linux初心者]

    ◆インストール
    ubuntu系インストールで、別に取り立てていうこともない。
    Zorinは12.2Core64bitでいいと思う。でも苦労してLiteにしたい人はしてもいいと思う。あえて止めだてはしない。
    メモリー3G、CPU2つで普通に動くが、メモリーもCPUももっと多くても少なくてもいい。このへんは仮想環境の強み。
    こじんまりとした画面で立ち上がる。640x480か?これではどうにもならない
    以下、やったことリスト。

    ・まず画面サイズを大きくする。1280x960とか。これが第一。
    ・省電力設定を変える。いちいち黒くなられても困る。Screenshot from 2017-10-03 17-02-45.png
    ・背景を変える(お好み)
    ・自動画面ロックを外す。めんどくさいだけ。キャプチャ1.PNG
    ・「ソフトウェア」からOSの更新
    ・guest additions CDをインストール。Coreの場合、マウントすると実行しますか?と聞いてくる。
    このまま更新すればよい。
    ・ここで再起動。

    ・フォルダー名を英語に。
    LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
    ・software Updaterを叩いてみる。多分なにも更新されない。

    ・Firefoxを設定。なんだかFlashがまともに動くぞ。
    ・fcitxを入れる。
    ・ここで再起動。かな漢字ツールを入れた時は再起動しないとひどい目に合う。

    ・「地域と言語」からfcitx-mozc →
    ・ここでも再起動したほうがよさげ

    ・システムツールのmozcの設定で、キー設定をATOKに(おこのみ)キャプチャ3.PNG
    ・fcitxで1バイト/2バイト 切替キーをお好みで変更。→
    私はこんな感じ。あと、変換キーを押したら確定して欲しいのだがどうすればいいんだろうか。
    ・共有フォルダーのユーザーvboxsfに加入
    sudo gpasswd --add {ユーザ名} vboxsf
    なんなんだろうなこれ。このくらいやってくれないのかな。
    ・ここでも再起動

    だいたいこれでいいのでは。あとはお好みで
    ・VLCのインストール
    ・anthyとかの削除
    くらい。
    主流の一角だけあって、面倒なのは日本語環境と、仮想環境ならではのホストPCとの共有設定程度。
    タグ:linux PC zorin
    nice!(0) 
    共通テーマ:パソコン・インターネット